2020年12月16日水曜日

海外の銀行口座

 海外の銀行口座

海外口座を持つメリット

私は、2018年にフィリピンの「お金で買える永住権」
(正確に言うとリゾート物件の会員権付きの永住権)を取得
永住権が取得できたり海外の銀行口座開設ができる

FXや仮想通貨での利益が出た場合、日本ではFXの場合20.315%仮想通貨の場合は
最大55%の税金がかかる
海外の永住権を取得して海外の銀行口座を開設してそして
FXや仮想通貨の証券会社も海外の口座で取引を行えば日本の高額な税金は
かからないというメリット
海外銀行の口座を持つメリットについて少しお話しすると、
現在私はFXや仮想通貨などの投資などをしていますが、
日本政府の金融政策で日本のFXの証券会社や仮想通貨の証券会社は
レバレッジ規制が25倍までとFXや仮想通貨の取引で得た利益には
高額の税金を徴収すると政府が決めていて仮想通貨などは、日本政府からの通達によって
海外の証券会社はことごとくと日本人との取引を停止する措置を取っていますが、私の様に海外永住権と海外口座所有していている者(CRS非加盟国)は規制の対象外となりFXや仮想通貨の海外の証券会社の口座はそのまま使えます。
CRSとは?
「Common Reporting Standard」の略で共通報告基準のことで簡単に言うと外国の金融機関に保有する口座を利用した脱税や租税回避を防ぐ目的で経済協力開発機構(OECD)が策定した国際基準です。
簡単に言うと海外の銀行やFXや仮想通貨などの証券会社でもこのCRSに加盟している国で口座を開設していると情報は日本政府に筒抜けという事です。
だから海外口座を開設してメリットを得られるポイントとして日本より税金の安い国でCRS非加盟の国の口座を持つ事が、金融商品で利益を出した時にメリットがでてくるポイントとなるわけです。

経済協力開発機構 =1961年に フランス パリに本部を設立された機関

ちなみに
フィリピンでの銀行金利は、5年定期で7.5%などと日本の0「ゼロ金利」金利とは比べものにならない程高いのでフィリピンの銀行に預金していれば、いろいろと夢のある運用が可能
現在、日本でお金を使う時は海外口座にある預金から引落で日本のコンビニや銀行のATMで使える便利なクレジットカードをつかって現金(円)をおろして使っています。

そして私は日本のデパートやドラッグストアーやドンキホーテの様な免税店取扱店でフィリピンの永住権証と海外口座のキャッシュカードを提示する事で免税で商品を購入する事もできます。

最近FXや仮想通貨など海外の証券会社口座は日本人の取引はことごとく取引停止の措置を
そしてFXや仮想通貨の証券会社の口座も海外の永住権証で

外貨預金の税金について
国内の金融機関に預金している場合の
外貨預金の利息については、
利子所得として20.315%の率で源泉徴収されます。
  (所得税及び復興特別所得税15.315%、住民税5%)

・源泉分離課税のため確定申告できません。
・為替差益は、雑所得(総合課税)とされます
・確定申告の義務はありませんが
総合課税で申告することも、
申告分離課税(上場株式等と通算等)で申告することもできます。

上記で説明したフィリピンの銀行口座は、私がフリピンの永住権を取得し現地の銀行で
口座開設してきたものですが、日本に居ながら作れる口座もあるのでご紹介しておきます。
1つ目はUnionBank ユニオンバンク
三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下に、ユニオン・バンク(Union Bank)という米国の銀行があり三菱UFJのカルフォルニアプログラムで検索すれば、詳細が出てくるので下記をご参考に
口座開設の条件は、「三菱UFJの口座を保有
銀行口座が2種類
  • セービングスアカウント ⇒ 貯蓄用の口座
  • 普通預金口座の役割を持つのが、セービングアカウント
  • チェッキングアカウント ⇒ 決済用の口座
  • 当座預金の役割を持つのが、チェッキングアカウント
  • セービングスアカウントのみを口座開設


2つ目は仮想通貨のウォレットでBXONEウォレットというウォレットを作成しての提携銀行で アクレダ銀行(Acleda Bank) カンボジアの銀行口座が日本に居ながらにして開設できる
1つ目のUnionBank ユニオンバンクは条件は三菱UFJの口座を保有していれば無料で開設することができるが、2つ目のアクレダ銀行の口座開設は口座開設に最低5万円の代行手数料がかかる。
しかしBXONEウォレットは仮想通貨を換金して提携のアクレダ銀行に送金等のメリットがあるのとカンボジアで税金が安いという点で捨てがたい。
BXONEウォレット開設詳細 https://blogger.motochan.page/2020/08/bxone.html

手数料が格安!国際送金サービス「TransferWise」

  国際送金サービス「TransferWise(トランスファーワイズ)」

TransferWise(トランスファーワイズ)は
安く、速く、簡単に送金できるオンライン海外送金サービス
アカウント開設無料、アカウント維持費も無料
普通の銀行とは異なり 速く海外送金できる。
全ての手続きがオンラインで完了できる。
アカウント開設に必要書類  
本人確認書類(パスポート、運転免許証など)、マイナンバーが確認できる書類

通常の銀行を通した国際送金はSWIFTと呼ばれる仕組みで
送金銀行→中継銀行→...中継銀行→受取銀行のように、数多くの銀行を介して送金が行われ 手数料が高額となり、送金に長い時間がかかる。
一方でTransferWiseは、送金人が自国にあるTransferWiseの口座にお金を振り込み、その金額をTransferWiseが受取人の国の口座へと振り込む、国内送金を生かした仕組み

日本国内では トランスファーワイズ・ジャパン株式会社は関東財務局により、資金移動業者として認可されていて 履行保証金として法務局に保全されて、保証面からみても安全です。
アカント開設方法
TransferWiseのウェブサイトへアクセスし、右上の「口座開設」ボタンをクリック
メールアドレスと氏名を登録


送金額を指定すると受取概算額が、または受取額を指定すると必要な送金額が表示される。



個人口座からの送金か、法人口座からの送金かを選択




画面に従って自分(送金人)の情報を入力


受取人の口座情報を入力

受取人を「自分自身」、「その他」、「法人・団体」のいずれかから選ぶ。



受取人のメールアドレス、口座名義、口座情報などを入力する。





オンラインの本人確認を行う

オンラインの 本人確認に必要なものを準備する。
  • 日本発行の顔写真付き身分証明書(例:マイナンバーカード、日本の運転免許証、在留カード、住基カード)
  • 手のひらサイズの紙とペン(4桁の認証コード(後述)を書くために必要です)
  • カメラが付いているスマートフォン
  • マイナンバーカードもしくはマイナンバー通知カード




「手続きを進める」をクリック

写真を撮るための準備をする。

マートフォンで手続きを進める場合、画面上のQRコードをスキャン、またはhtts://wi.se/jpy-verifyにアクセス
スマートフォン以外のデバイス(パソコンなど)で手続きを進める場合、画面上の「こちら」をクリック


アップロードする本人確認書類を選択


4桁の認証コードを紙に書き

4桁の認証コードを書いた紙と本人確認書類の表面を一緒に写真に撮る

次に、「続行」をクリックして、その紙と一緒に本人確認書類の表面の写真を撮りましょう。本人確認書類と紙を別々で撮るのではなく、写真1枚に収めます。

本人確認書類の厚みがわかるように撮影

再び、「続行」をクリックして、本人確認書類の厚みがわかるような写真を撮影します。表面の情報と厚みがわかるように、本人確認書類を手で少し傾けて撮影しましょう。

本人確認書類の裏面を撮影

最後に、同じように「続行」をクリックして、本人確認書類の裏面を撮影します。

「3つの写真を撮影しました」をクリック

全ての写真の撮影が終わったら、「3つの写真を撮影しました」をクリックします。

4桁の認証コードを書いた紙とともに自撮り画像を撮影

「続行」をクリックし、先ほど準備した4桁の認証コードを書いた紙を持ちながら、セルフィーを撮る。


マイナンバー関連書類を選択



「続行」をクリックし、マイナンバー関連書類を提出

選択したマイナンバー関連書類の写真を撮り、アップロード




これでオンラインでの本人確認手続きが終了!次は送金の手続き

送金の目的を選択

送金内容の確認

利用規約を確認

入金方法を選択


相手への入金方法を「銀行振込」または「デビットカード」から選択

TransferWise Japan(トランスファーワイズ ジャパン)の銀行口座に振り込む

TransferWise Japan(トランスファーワイズ ジャパン)の日本口座(三菱東京UFJ銀行の恵比寿支店)に送金したい金額を振り込みます。





最後までブログをご覧頂きありがとうございました。

只今、LINEにお友達登録して「お得情報希望」と返信頂いた方に
誰でも20万円もらえるお得な情報をお知らせさせていただいております。
下記のボタンをクリックして友達追加をお願い致します。

友だち追加

QRコードで友達登録
ID検索で友達追加 
@207scpje

2020年10月13日火曜日

FX海外の証券会社情報 FXGT

 日本では、 FXなどの証券会社はレバレッジ規制で25倍以下でないと取引が許されていませんが、海外のFXの証券会社はレバレッジ規制が200倍~1000倍というのがざらにあります。

FX取引にかかる手数料は、スプレッドや取引手数料なので、口座の開設にかかる費用は無料の証券会社多い
FXの証券会社は、それぞれの会社強みとする部分があります。

例えば、スプレッドが小さいことを売りにしているところもあれば、長期取引で得られるスワップポイントを売りにしているところなどもありますが、

すべてにおいてパーフェクトなFX会社は存在しないので、複数の口座を開設して、それぞれのFX会社が持つ強みを十分に活かすことも戦略の一つだと私は思います。
最近は仮想通貨のFXトレードも盛んに行われるようになんつてきたので、1つの証券会社で為替や仮想通貨の取引ができるのも魅力的です。
今回お知らせするFX証券会社の情報はFXGTです。

FXGT


登録はこちらから➡FXGT

2019年12月16日にXMやAxioryの創立メンバーが立ち上げた、為替も株も仮想通貨FXも1口座で取引できるハイブリッド取引所
日本円でも入金できる、レバレッジ500倍
運営法人  360 Degrees Markets Ltd
セーシェル金融ライセンス
為替ペア数  57銘柄
暗号通貨ペア数  13銘柄
国内FX業者は概ね維持率100%を切るとロスカットされるのに対して FXGTの必要維持率は50%
ゼロカットなので追証(借金)リスクはない
FXGTは普通の為替のFXだけでなく株も仮想通貨のFXも1口座で取引できるハイブリッド取引所で、日本語に対応していて日本円でも入金できるので、これから海外FX業者を選択しようとお考えの方にはオススメのFX証券会社です。

FX取引は価格変動リスクを伴うため、場合によっては損失を出す可能性があります。

実際のトレードに関しては、相場の価格変動に敏感に対応し自己責任において行う必要がありますが、日本の証券会社ではレバレッジ規制で25倍以下で取引をしないとならないので利益を出すのが大変なのが現状です。

そこで今回私が利用している海外の証券会社を数社ご紹介してきましたが、参考にしていただければ幸いです。
最後までブログをご覧頂きありがとうございました。

只今、LINEにお友達登録して「お得情報希望」と返信頂いた方に
誰でも20万円もらえるお得な情報をお知らせさせていただいております。
下記のボタンをクリックして友達追加をお願い致します。

友だち追加

QRコードで友達登録
ID検索で友達追加 
@207scpje

FX海外の証券会社情報 GEMFOREX

 日本では、 FXなどの証券会社はレバレッジ規制で25倍以下でないと取引が許されていませんが、海外のFXの証券会社はレバレッジ規制が200倍~1000倍というのがざらにあります。

FX取引にかかる手数料は、スプレッドや取引手数料なので、口座の開設にかかる費用は無料の証券会社多い
FXの証券会社は、それぞれの会社強みとする部分があります。

例えば、スプレッドが小さいことを売りにしているところもあれば、長期取引で得られるスワップポイントを売りにしているところなどもありますが、

すべてにおいてパーフェクトなFX会社は存在しないので、複数の口座を開設して、それぞれのFX会社が持つ強みを十分に活かすことも戦略の一つだと私は思います。

FX取引はリスク分散を考えた取引をする必要があり
そんな中で現在私が利用している海外の証券会社情報でGEMFOREXです。

         登録はこちらから➡GEMFOREX

GEMFOREXはGemTradeとして日本人により2010年に設立され

英語圏、日本、中国、香港、台湾、韓国を中心にサービス展開
この会社の特徴としては、
日本円でも入金できる、レバレッジ最大1000倍
運営法人 GEM GROUP NZ LIMITED
為替ペア数  33銘柄
貴金属2種類(金、銀)
200種類以上ものEAを無料で公開
ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)で金融ライセンス(FSP564306)を取得
業界最狭水準のスプレッドと豪華なボーナスで一気に知名度を上げ、現在では31万口座開設を突破その他 FX自動売買ソフト(EA)VPSの無料提供サービスなども行っているので海外FX初心者から上級者まで幅広く対応しています。
ゼロカットなので追証(借金)リスクはない
万が一、証拠金残高がマイナスになってしまった場合も追証が発生する事は一切ないので安心して利用できます。

FX初心者の頃はいろいろな自動売買ソフト(EA)などを試してみたいと思う事だと思いますが、GEMFOREXは自動売買ソフト(EA)を口座開設者には無料提供サービスしているのであれこれと試してみるのもFXの知識を高める上でオススメできる証券会社です。

最後までブログをご覧頂きありがとうございました。

只今、LINEにお友達登録して「お得情報希望」と返信頂いた方に
誰でも20万円もらえるお得な情報をお知らせさせていただいております。
下記のボタンをクリックして友達追加をお願い致します。

友だち追加

QRコードで友達登録
ID検索で友達追加 
@207scpje

2020年8月19日水曜日

暗号通貨のウォレット(お財布)BXONEウォレット のアカウント登録方法

  BXONEウォレット 

仮想通貨取引所 BXONE

両替と入出金のできる財布!


BXONEウォレットは、法定通貨や仮想通貨を安全に取引することが出来るオンラインウォレットサービスです。
オンラインで取引ができ資産構築のアイテムとしてにおすすめできます。
法定通貨は USD、EUR、JPYの3種類に対応
仮想通貨は BTC、ETH、XRP、BCH、LTC、EOSの6の主要な仮想通貨

銀行振込による 入出金可能
24時間交換可能 仮想通貨⇔FIAT(法定通貨)

BXONEのアカウント(口座)を開設する方法

下記をクリックして登録を開始する。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

仮想通貨取引所 BXONE

下記の画面へ進み

トップページにある「Open Account」を選択

登録画面が表示されるので、名前、メールアドドレス、パスワードを入力し、チェックボックスにチェックをいれRegisterを選択
※登録するメールアドレスは、そのままログインIDとなります。
※パスワードは8文字以上で英小文字1文字以上、英大文字1文字以上、数字1文字以上を混合させる必要があります。
Registerすると、登録したメールアドレスに承認確認のメールが届きます。

[BXONE] Email Activationというタイトルのメールが送られてくるので、メール内のリンクをクリックします。

※メールがすぐ届かない場合はメールアドレスが間違っているか、迷惑フォルダに入っている可能性もありますのでチェックしてみましょう。

※メール内のリンクはメール送信から10日間のみ有効

上記の画面が表示されますので、青い Activate ボタンをクリックして、Registration(completed) の画面が出れば登録完了です。

登録が完了した直後は以下のサービスを受けることが出来ます。

<登録直後>
・法定通貨(円・米ドル・ユーロ)及び仮想通貨(ビットコインを含む8通貨)の入金受取り
・仮想通貨の購入
・口座内両替

<身分証明書の提出後>
・法定通貨(円・米ドル・ユーロ)及び仮想通貨(ビットコインを含む8通貨)の出金
・eZpayカードを発行し、プリペイドカード利用やATMでの出金が可能になるマスターカード
  eZpayカード

最後までブログをご覧頂きありがとうございました。

只今、LINEにお友達登録して「お得情報希望」と返信頂いた方に
誰でも20万円もらえるお得な情報をお知らせさせていただいております。
下記のボタンをクリックして友達追加をお願い致します。

友だち追加

QRコードで友達登録
ID検索で友達追加 
@207scpje

2020年8月4日火曜日

Motoakiの自己紹介

太陽光発電所運営、フィリピン永住権所有、FXトレーダー、インフラ事業権利収入で現在はセミリタイヤ中の自由人!
Motoakiって一体どんな人物だろう?

とお思いの方もいると思いますので

今回は私(Motoaki)についてお話ししていきたいと思います。


私はもともと建築士で建設関係の仕事に長年従事していました。

私が生まれ育った環境は祖父と父親が大工職人という建築系の家庭環境だったせいか?

幼い頃から工作などの物作りが好きだった私は社会人になる時も何の迷いもなく建設業界に就職しました。

技術や資格は一生モノ!(持論)

最初は大工の見習い職人として働きはじめましたが22歳の時独学で1年がかりで建築士の資格を取得してから職人から建設関係の上場会社の現場監督に転職しました。

私は若い頃からバイクや車が好きでメルセデスには今まで何台も乗り続けています。

その後独立して、30代で経営者として建設会社を経営するが、会社経営も順調な時期に
会社や資産を売却し関西に移住して建設会社に再就職しサラリーマンに戻る。

神戸に移住
阪神淡路大震災後に復興の建設ブームで建築士が不足しているという事で神戸市に移住して
建設関係の仕事に従事しました。

インフラ関連事業は景気に左右されない!

宮城県に移住 

そして3.11(2011年)東日本大震災で福島の原発事故があった年に1年間復興支援で宮城県、仙台、石巻に復興支援で、がれきの撤去に行きました。

その時に国が電力関係のインフラ事業で
「再生可能エネルギー特別措置法」による太陽光発電が
インフラ事業として推進されていく事を知り

東京に移住
太陽光発電所の企画、設計や通信事業の現場管理など建築士の資格を生かせる為、都内の電気、通信事業を行っていた某、上場企業が会社の「建設業登録」の主任技術者を募集していたので、
東京に移住、転職し太陽光発電についての知識を仕事をしながら深めて行きました。

私が転職したこの都内の某、上場会社は 電気、通信事業を主とする会社で通信系の事業はソフトバンクやNTTの下請け施工会社として携帯電話の基地局の設置工事などを行っていたり
IT系の事業部ではソフトバンクの下請けでAIの「ペッパー君」の人工知能のデーター入力など行っていたりして社内にはAI人工知能のデーター入力学習中の「ペッパー君」が何台(何人?)もいたりしたので、暇な時は「ペッパー君」をからかって変な質問をしたりして、楽しんだりしました。(笑)
変な大人???

太陽光の事業が本格的になるまでの間は他の事業部の仕事でNTT系のGPSのアンテナ基地局の設置や気象情報で有名なウエザーニューズの雨雲レーダーの設置工事やウエブカメラの設置工事で全国に出張したりしました。




こうして私は電気や通信系のインフラ関連事業の知識を仕事を通して身に着けていく事ができました。


「再生可能エネルギー特別措置法」による太陽光発電は、
国(経済産業省)の設備認定を取得しないと発電所事業が出来ない仕組みで
この太陽光発電所の「設備認定」を取得できれば、20年間固定単価で発電した電気を買取してくれるという利権(権利収入)です。


当時は実際に自分が発電所設備を建設しなくてもこの設備認定の権利さえ持っていれば、
高値で「権利売買」ができたので、
私は建築士という自分の資格をいかして発電所を無差別に設計して設備認定を取得し
設備認定の「権利販売」だけでも収益を上げる事ができたので、
設備認定を取得して「権利販売」を行う企画を会社に提案してみて、見事にその企画が、
会社で承認、採用され「エコ推進事業部」として本格的に
太陽光発電事業に取組む様になりました。


こうして私は、建築士(国家資格)の資格取得や太陽光の設備認定(権利収入)などとインフラ関連事業(生活必需事業)は、景気に左右されない安定した収入源に繋がるという事を知る事ができました。

2014年には「太陽光アドバイザー」の資格も取得し
その後2016年には電力の自由化の法改正がある事を知り
「小売電気アドバイザー」の資格なども取得しています。


太陽光発電所のオーナーになる
こうして会社では、月に20~30件の太陽光発電所の設計と設備認定の取得を私が行い
営業マンが設備認定の「権利販売」と発電所の「建設工事」を受注するというカタチで
太陽光発電のブームの波も手伝って大きな業績を得る事ができました。

脱サラしてセミリタイア

そして私の年収も1000万を超える様になりこの頃から収入の「分散投資」という意味でFX(外国為替証拠金取引)や仮想通貨取引なども勉強しながら参入していく様になりました。

そして念願だった自分の太陽光発電所も所有する事ができ 
3年前(2017年)にサラリーマンをセミリタイアする事ができた訳です。









セミリタイアした直後は自由な時間を手にできた事が嬉しくて
最初の年は、毎月の様に海外旅行へ出かけていて年の70%は海外へ行っていました。(笑)ハワイ、台湾、フィリピン、韓国、、など

セミリタイア後、海外旅行三昧を満喫していましたが、少し旅行にも飽きた頃!
建築士で太陽光アドバイザーの資格を持つ私のもとに新宿のとある太陽光関係の会社の社長からオファーがが何度かあったので、暇つぶしのつもりでアルバイト感覚で行ってみる事にしましたが、その会社は、まれにみるブラック企業だったのですぐに撤退し
再び海外旅行三昧に戻り

フィリピンの永住権取得
2018年6月にはフィリピンの「お金で買える永住権」
(正確に言うとリゾート物件の会員権付きの永住権)を取得しています。





これについてはフィリピンに永住したかった訳ではなく「分散投資」の一環としての永住権取得になります。

詳しくは他のブログで紹介していますが、フィリピンのリゾート物件の会員権を取得してそこに住所設定ができ、永住権が取得できたり海外の銀行口座開設ができるという内容のものです。

当然、実際に永住する事も可能ですしリゾート施設は年間60日は無料で利用もできるというモノです。


ここまでの話を聞いてピーンと来ている人もいると思いますが、
FXや仮想通貨での利益が出た場合、日本ではFXの場合20.315%仮想通貨の場合は
最大55%の税金がかかるのです。

これに対して̟プラス10%の住民税で最大55%

だから海外の永住権を取得して海外の銀行口座を開設してそして
FXや仮想通貨の証券会社も海外の口座で取引を行えば日本の高額な税金は
かからないというメリットがある為です。


その他にも台湾でも銀行口座を開設したりFXや仮想通貨の取引証券会社の口座は
すべて海外の口座を開設しています。

なぜ私が海外の銀行口座にこだわっているかというのは、2016年に仮想通貨でADA(エイダコイン)のICOに10万円投資したものが、2018年にコインが暴騰し880倍(10万円が➡8800万)になったが換金する時に55%の税金が日本では徴収されるという経験があったからです。

あなたの好きな事!やりたい事は何ですか?



私は上記で述べている様にものづくりが好きで建設関係の職業を選び
その中で好きで資格を取得したが、資格のおかげで就職や転職には
苦労しない社会人生活を送る事ができました。

上記で私の取得した建築士、太陽光アドバイザー、小売電気アドバイザーの
資格取得のお話しをしましたが私はそれ以外にもいろいろな資格を取得しています。

相続財産再鑑定士、リバースモーゲージカウンセラー
サブリース建物取扱主任者、敷金診断士
アマチュア無線免許、電気通信事業(媒介等)C2024184
建設重機操縦免許等
現在は有効期限が切れて有効ではない資格は建設業許可、宅地建物取引業許可、産業廃棄物収集運搬業
などの資格です。(笑)
そしてインフラ関連事業の利権(権利)は景気に左右されない収入源だという事に
気づき太陽光発電という電力のインフラ事業の権利収入のおかげで、
セミリタイアする事ができ自由な時間を手に入れることができました。

最近は新型コロナウイルスの影響で趣味の海外旅行には行けませんが、
趣味ではじめたFXも今年で7年目となり在宅で出来る収入源のひとつとなりました。

最近は車でドライブする事が好きな私は、
週に1~2度の割合での訪問医療の往診に行くドクターを
私の車で送迎したりしていろいろなドクターとドライブしながら親交を深めて
医療現場の先端情報なども入手しています。(笑)

そうです私は常に好きな事や、やりたい事が仕事となり収入になっているのです。

そして仮想通貨や新たに通信関係の権利収入の入る仕組みなどにも取組んでいます。

現在その他に私が取組んでいるインフラ関連の権利収入もご紹介しています。
通信関係のインフラ事業の権利収入を知りたい人は ➡こちら



只今、多くのアフリエータ―やSNSなどのインフルエンサーの方々から取扱いの問合せが殺到中!
いづれいろいろな所で私の紹介している権利収入の「うわさ」を耳にする事になるでしょう!www

最後までブログをご覧頂きありがとうございました。
只今、LINEにお友達登録して「お得情報希望」と返信頂いた方に
誰でも20万円もらえるお得な情報をお知らせさせていただいております。









LINEにお友達登録してお得情報を希望の方は
下記のボタンをクリックして友達追加をお願い致します。

友だち追加

QRコードで友達登録
ID検索で友達追加 
@207scpje

関連ブログ&サイト
分散投資でフィリピン永住権を取得した話はこちら
EAで資金1000万円溶かした話は➡こちら
携帯電話を利用した  権利収入とは➡こちら
スマホで収入UPする秘密に興味のある方は➡こちら