2020年1月4日土曜日

検索サイトの原点を探る!


これまでに自作PCを組立てていろいろなアプリをインストールしてきましたが、最近いろいろなアプリを検索していて気になり出していろいろ調べて、気が付かされた事があります。それは検索サイトです。
私は今まで検索というとYahooでいろいろなものを調べてきましたが、最近Yahooの検索サイトに表示される広告が鬱陶しいなぁーと感じる事が多くなったのでこのYahooについて調べてみました。

Yahoo!(ヤフー)
元々はアメリカのVerizon Media社 Yahoo! Incとして運営していたサービスだったそうでYahoo!の名前の由来は英語の「Yet Another Hierarchical Officious Oracle

(さらにもう一つの階層的でお節介な神託)の略だそうで

2017年にベライゾングループに 44億7580万ドルで売却され 元のYahooAlta Inc (アルタバ)と社名変更して日本のYahooJapanと中国の アリババグループ 株式を管理する投資会社となったが
2018年9月に アルタバは ヤフージャパン株を全て売却すると発表され
2019年に解体されたそうです。
Yahooを買収したベライゾンについて正式名は
ベライゾン・コミュニケーションズ( Verizon Communications Inc)
アメリカニューヨークが本社の会社で2015年にAOL買収子会社化した事で有名な会社です。
そして2017年にYahoo44億7580万ドル買収
現在私たちが使っているYahooJapanはというと

Yahoo Japan ( ヤフー株式会社)
1996年に米Yahooソフトバンクが合併した事でYahoo Japanが誕生したそうです。
そして2010年Yahoo Japan  は検索システムをGoogleの検索エンジンに切替える事を発表
2018年9月に アルタバが保有していた株式すべてを買取したという経緯を経て現在のYahoo Japan が存在している事がわかりました。
という事で現在Yahooで使っている検索エンジンはGoogleのものだという事がわかりました。
そして改めてGoogleの検索サイトを立ち上げてむると、広告などな余分な表示のない実にシンプルな検索サイトである事に気が付きました。

これまでに私が調べたまとめとして、元のYahooベライゾングループに買収されたのちに消滅して、日本のソフトバンクグループが買い取ったおかげで現在のYahoo Japan が存在していてYahoo Japan 検索エンジンはGoogleのものを使っているという事です。
それでは、今回はこのあたりで、、、
                    by MotochanのMotoちゃんねる





0 件のコメント:

コメントを投稿